renaissance

これは記憶学習の”renaissance”です。
霊長類の原始的な記憶能力と 現代の”technology”を交差させることで それは、生まれました。

Sample

Lingua franca

英語が”Lingua franca”であり続ける以上 コミュニケーション英語修得は永遠のテーマ すべては英単語学習から始まるのです。

Sample

link

音をスペルにリンクさせると 瞬時に英単語が記憶できるシステム 英単語を科学すると 英語学習が美しくなりました。

Sample

work

認知科学の学習法

視覚情報と聴覚情報を繰り返し同時取得する学習方法に、ハンド コンピューティング記憶システムを組み合わせると、誰もが無理なく英単語を短 期記憶から長期記憶に定着することができます。

ネイティブスピーカージョン

しかし、私にひとつの出逢いが待っていました。認知科学に基づいた画期的な記憶方法Magic Coach。音をつかむとスペリングがついてくるんです。これなら瞬間的に覚えられるはずです。

Phonicsは有効的?

どうしても英語学習導入時において “Phonics” が必要だと判断す るならば、日本式 “Phonics” 指導方法を確立し、統一させることが喫緊の 課題だと認識します。

1 Hours Spent
1 PV
1 words
1 idiom

英単語学習とは?

英語は言語です。言語の本質は音声で、そのスペリングは音声を表したものです。

work

Lingua franca

このスペリングと音声の関連性を理解することは、ネイティブでも困難だと云 われています。音声は時代とともに変化を続けているのに対し、グーテンベルグ が活版印刷を発明すると、スペリングは書物に記されることで固定化されるよう になりました。また、英単語は出身言語の影響をうけているため、スペリングの 多様化は避けられません。これらの要因で、現代英語における音声と綴りの乖離 が決定的になったと云われています。

  • Far far away, behind the word
  • There live the blind texts
  • Separated they live in bookmarksgrove
  • Semantics a large language ocean
  • A small river named Duden
work

communication

日本における英語教育は受験がとてつもなく大きな壁となっているため、スペ リングを書けることが長い間最終目標になっているように思えます。例えば “orange” は「オランゲ」で “Wednesday” は「ウエドネスデー」としてスペリ ングを日本語化し記憶することが優先され、正しい音声はまったく無視されてい ます。その結果、当然のことのようにコミュニケーションとしての英語とは別の 言語になっています。

global society

グローバル社会における Lingua franca としての英語習得こそが、私たち日本 人が目指すべき到達地なのです。言語習得は母語習得法がベストですが、日本で は受験英語をも包括する必要があります。

pronunciation and spelling

音声とスペリングを同時に習得することが最良の英単語学習法ではないのでしょ うか。

“Dignissimos asperiores vitae velit veniam totam fuga molestias accusamus alias autem provident. Odit ab aliquam dolor eius”

John Doe

“Dignissimos asperiores vitae velit veniam totam fuga molestias accusamus alias autem provident. Odit ab aliquam dolor eius”

Rob Smith

“Dignissimos asperiores vitae velit veniam totam fuga molestias accusamus alias autem provident. Odit ab aliquam dolor eius”

Jane Doe

Contact Us

購入はこちら
英単語記憶革命、ここにあり

告知

Magic Coachは英語が得意でない人と、もう一度英語をやり直したい人専用です。

得意な人には決して必要ありません。